ホーム > 学生・研修医の方へ > 研修システム

研修システム

初期研修プログラム

対象疾患は、再生不良性貧血、特発性血小板減少性紫斑病のような良性疾患から、白血病、悪性リンパ腫に至るまで、血液疾患全般をカバーしますが、入院症例は造血器悪性疾患が最も多く、化学療法、造血幹細胞移植を積極的に行っています。また北海道大学病院は北海道地区のエイズ治療ブロック拠点病院として指定されており、血液分野ではAIDSを中心としたHIV感染症の診療も行っています。大学病棟の診療体制はグループ制を取っており、複数の指導医の元で骨髄検査や髄液検査、またIVH挿入などの手技を研修します。グループ制の利点として、症例数を数多く経験できます。グループ単位で行われるカンファレンス以外に血液内科全体で行われるカンファレンスでは、他グループの症例をディスカッションすることにより、見聞を広げることができます。

内科専門研修プログラム(総合内科専門医の取得に向けて)

初期研修修了後は、血液内科に入局し2-3年間関連病院で臨床経験を積みます。1年ごとに複数の病院での研修を基本としており、内科専攻医修了学年(卒後5-6年)で大学病院に戻ります。女性医師は出産などのライフイベントに応じて大学での研修時期をずらすことも可能です。また、年1回の同門会総会で後期研修医発表会を行なっており、それぞれの症例経験、臨床研究を発表します。血液疾患では様々な合併症を伴うため全身を診る必要があり、内科専門研修で求められる幅広い分野の症例経験を積むことができます。症例経験登録システム(J-OSLER)の登録状況を確認しながら、160症例の症例経験、29症例の病歴要約作成を指導医がサポートしていきます。

サブスペシャリティ研修(血液内科専門医の取得に向けて)

卒後4年目からは内科専攻研修と連動して、サブスペシャリティとなる血液内科専攻医としての症例登録が可能となります。Web上での症例登録(55症例の症例経験、15症例の病歴要約)を指導医がサポートしていきます。

大学院での研究

大学院進学希望者は、内科専攻研修の最終学年で大学病院に戻るタイミングが大学院1年目となります。大学病棟グループでの診療を行いながら、専攻研修修了要件を揃えます。定期的に行われる先輩大学院生のリサーチカンファレンスでの発表を聞き、将来の研究グループを選んでいきます。内科専攻研修を修了の上、大学院2-4年は研究に専念できる期間です。血液内科での基礎研究には海外からの留学生も受け入れています。大学院卒業後は、大学で臨床をしながら基礎研究継続、海外留学、関連病院で臨床を継続するなどそれぞれのキャリア設計に応じた進路に進みます。

海外留学先(2021/4現在)
  • 金谷穰 オスロ大学病院 がん研究所 腫瘍免疫分野(オスロ ノルウェー)
  • 小杉瑞葉 オスロ大学病院 がん研究所 腫瘍免疫分野(オスロ ノルウェー)
  • 松川敏大 米国NIH 国立がん研究所 遺伝学部門 白血病遺伝学(ベセスダ USA)
  • 早瀬英子 MDアンダーソンがんセンター ゲノム医療分野(ヒューストン USA)
  • 下埜城嗣 ゲッティンゲン医療センター 血液腫瘍分野(ゲッティンゲン ドイツ)
  • 髙橋秀一郎 フレッドハッチンソンがんセンター(シアトル USA)
分野専攻により取得できる専門医資格
  • 総合内科専門医
  • 血液学会専門医
  • 造血・免疫細胞療法学会認定医
  • 輸血・細胞治療学会認定医
  • 臨床検査専門医
  • エイズ学会認定医
  • インフェクションコントロールドクター
  • 癌治療学会認定医
  • がん薬物療法専門医
教育研修施設(内科専門研修)

愛育病院 帯広厚生病院 釧路労災病院 札幌厚生病院 札幌北楡病院 市立旭川病院 市立札幌病院 市立函館病院 斗南病院 北海道がんセンター 手稲渓仁会病院 勤医協中央病院 北見赤十字病院