ホーム > 学生実習システム/学生・研修医の方へ

学生実習システム

全科実習(4年生・5年生)

北海道大学では1週間の血液内科の実習を行っています。
学生さんには、1週間の臨床実習において、担当の患者さんへの問診や診察を通じて臨床における患者さんへの接し方を学ぶとともに、当科医療スタッフとともに担当患者さんの医療上問題点や解決策をディスカッションしてもらっていましたが、コロナ禍においてはオンライン実習の形式を取っています。オンライン実習では各教官とディスカッション形式で基礎知識を学びつつ、臨床血液で遭遇する主訴を題材としたオンライン診察を用いた実習を行なっています。極力対面での病棟実習を目指しており、コロナ流行状況などに応じて適宜変更があります。

コア科・選択実習(5年生・6年生)

「選択実習」にて当科を選択した学生に4週間の病棟実習を行っています。
グループの担当全患者さんを病棟医とともに回診し、「主治医」の一人として実習をしてもらいます。回診での所見や検査・画像結果から病棟医とともに患者さんの治療(主に抗ガン剤、抗生剤、輸血、輸液の方法)について検討し学んでもらいます。毎週のカンファレンスでは受け持ち患者さんの病状、問題点についてプレゼンテーションをしてもらい、我々とともに解決策を議論します。
また、末梢血幹細胞採取などのアフェレーシスや骨髄移植ドナーからの骨髄採取などの見学も適宜行います。

その他

血液内科に興味があり、実習のみでは物足りない学生さんには、希望に応じて学会での発表指導や海外施設の見学をアレンジした実績があります。やる気のある学生さんはご相談ください。

学会発表

医学生・研修医のための内科学会ことはじめ
2020年 岸岡歩さん(M6) 優秀演題賞
2019年 坂村颯真くん(M6)、小林礼和くん(M6) 優秀演題賞x2
2018年 相庭昌之くん(M6) 優秀演題賞

アメリカ内科学会日本支部年次総会
2016年 宮島徹先生(M6)

海外施設派遣アレンジ
2020年 篠原陸斗くん(M6) MD Anderson Cancer Center見学