平成28年1月16日(土曜)14時〜17時30分
TKP札幌カンファレンスセンターにて第2回造血幹細胞移植セミナーを開催しました。

当初50名の参加を予定しておりましたが、予想をはるかに上回る応募を受け、最終的に24施設から85名の方々に御参加いただきました。休日にも関わらず多くの方々にご参加いただき誠にありがとうございました。

北海道は非常に広大な面積を保有しているため、地域間での医療連携は非常に重要になっております。
今回のセミナーでは、大阪市立大学血液内科・造血細胞移植科の日野雅之教授、同大HCTCの梅本由香里様、札幌北楡病院HCTCの山崎奈美恵様、北海道大学病院12−2病棟看護師の神澤雅美様を講師として迎え、造血幹細胞移植が必要な患者様に遅滞無く医療を提供するため、さらには、移植後の患者様をスムースに地元の病院にバトンタッチするため、今後どういった取り組みが必要か有意義な議論を交わす事が出来ました。

本セミナーでは、医師・看護師さんに限らず、様々な職種の方々を対象としております。これからも継続的に造血幹細胞移植セミナーを開催して行く予定ですので、ご興味ある方は是非ご参加ください。


2nd SCT seminor photo 1.png
<北大病院血液内科 豊嶋教授からのご挨拶>



2nd SCT seminor photo 2.png
<大阪市立大学 血液内科・造血細胞移植科 日野教授>



2nd SCT seminor photo 3.png
<大阪市立大学 HCTC 梅本様>



2nd SCT seminor photo 4.png
<札幌北楡病院 HCTC 山﨑様>



2nd SCT seminor photo 5.png
<パネルディスカッション>



2nd SCT seminor photo 6.png
<フロアからの活発な意見交換>