ホーム > 学生・研修医の方へ > 研修システム

研修システム

初期研修プログラム

血液分野の診療は、血液内科・造血細胞治療センターが担当しています。
血液分野における検査手技および解釈、化学療法、自家および同種造血幹細胞移植、支持療法を研修します。
悪性疾患を治癒に導くダイナミックな展開を研修できます。

1. 研修内容と特徴

対象疾患は、再生不良性貧血、特発性血小板減少性紫斑病のような良性疾患から、白血病、悪性リンパ腫に至るまで、血液疾患全般をカバーしますが、造血器悪性疾患が最も多く、化学療法、造血幹細胞移植を積極的に行っています。
現在でも、血液分野の診療において、造血幹細胞移植を積極的に行っている施設は限られていますが、北大病院血液内科での研修では、多くの移植症例が経験できます。また北海道大学病院は北海道地区のエイズ治療ブロック拠点病院として指定されており、血液分野ではAIDSを中心としたHIV感染症の診療も行っています。

各診療科はグループ制を取っており、複数の指導医の元で骨髄検査や髄液検査、またIVH挿入などの手技を研修します。
グループ制の利点として、症例数を数多く経験できます。グループ単位で行われるカンファレンス以外に血液内科全体で行われるカンファレンスでは、他グループの症例をディスカッションすることにより、見聞を広げることができます。
また定期的に、移植症例の検討会や病理部門と合同のリンパ腫症例検討会が行われています。

2. 後期研修との連携

関連病院として北海道内の主要血液診療施設と連携しているだけでなく、一般内科や他分野を研修する機会もあり、内科全般の基礎を身につけて、専門性を発展することができます。

3. 分野専攻により取得できる専門医資格
  • 内科学会認定医/専門医
  • 血液学会専門医/指導医
  • 輸血・細胞治療学会認定医
  • 癌治療学会認定医
  • がん薬物療法専門医

後期研修プログラム

1. 研修内容と特徴

初期研修修了後は、2-3年間、関連病院での臨床研修または大学の後期研修プログラムによる研修を行っています。
1年ごとに複数の病院での研修を基本としており、3年目は救急医療を含む一般内科を、4年目以降は専門分野である血液内科を研修できるようにしています。

5年目はさらに関連病院・北大病院での臨床研修を行うか、あるいは大学院に入学して大学で研修・研究するか本人の希望によりどちらかになります。
また希望によっては4年目に大学院に入学することも可能です。
初期研修を含め教育認定施設で3年以上の臨床研修を行い、認定内科医の受験資格を得た後、さらに3年間の血液内科研修を重ねることで日本血液学会認定医の取得を目指します。

大学院では臨床的・基礎的研究に従事し、学内や他大学などの研究機関に国内留学することも可能です。大学院卒業後は本人の希望により海外留学しさらに研究を深めることもできますし、関連病院にて臨床を継続するなど各人に適した進路に進むことが可能です。

2. 取得できる専門医・認定医
  • 日本内科認定医・指導医
  • 日本血液学会専門医・指導医
  • 日本輸血細胞療法学会 認定医
3. 教育研修施設
  • 愛育病院
  • NTT東日本札幌病院
  • 帯広厚生病院
  • 釧路労災病院
  • 札幌厚生病院
  • 札幌北楡病院
  • 市立旭川病院
  • 市立札幌病院
  • 市立函館病院
  • 市立稚内病院
  • 斗南病院
  • 北海道がんセンター