ホーム > 受診される皆様へ > 診療内容の紹介

診療内容の紹介

診療する病気

血液の悪性の病気
急性骨髄性白血病
急性リンパ性白血病
骨髄異形成症候群
慢性リンパ性白血病
悪性リンパ腫
多発性骨髄腫
骨髄が病的に盛んになって血球が増加する病気
慢性骨髄性白血病
真性多血症
本態性血小板血症
骨髄線維症
貧血になる良性の病気
再生不良性貧血
溶血性貧血
赤芽球癆
発作性夜間血色素尿症
血が止まりにくい病気
自己免疫性血小板減少症
(旧名:特発性血小板減少性紫斑病)
血栓性血小板減少性紫斑病本態性血小板血症
血友病
フォンウィルブランド病
血栓ができやすい病気
先天性アンチトロンビン欠乏症
先天性プロテインS/C欠乏症
抗リン脂質抗体症候群
免疫に異常がでる病気
HIV感染症/後天性免疫不全症候群(AIDS)
これら以外にも血液疾患全般の診療をしております。

血液疾患を疑う症状、検査所見

このような症状があれば血液疾患の可能性がありますので、受診をご検討ください。

  • 血液検査で白血球、赤血球、血小板の数値または内容に異常があると言われた。
  • 首や足の付け根にしこりが触れる(リンパ節が腫れている)。
  • 血が出やすい(ぶつけていない手足にアザや点状出血が出る。歯肉出血や鼻血が止まりにくい)。
  • エコーやCTなどの検査でリンパ節が腫れている、脾臓が腫れていると言われた。

外来診療について

新来は月曜日から金曜日までの毎日行っています。外来受付時間は午前8時半から正午までです。他の医療機関からのご紹介の場合には、事前に地域医療連携福祉センターを介して、診療予約をされることをお勧めします。予約外の患者さんについても基本的には紹介状を持参頂くことをお願いします。ただし、大学病院の専門性や予約状況もありますので、待ち時間も含めた診療時間がかかることをご了承ください。

セカンドオピニオン外来について

当院では、患者さんがご自身の病気を良く知り、より良い治療法を選択されるためにセカンドオピニオン外来を実施しております。
通常の外来診療では時間的な制約のために、セカンドオピニオンへの対応は出来ませんので、セカンドオピニオン外来をご利用ください。
詳細はこちらをご覧ください。

入院診療について

当科では、40床の病床(内、クラス100無菌室4床、クラス10000無菌室23床)で血液疾患の入院治療を行っています。診療実績にありますように、主に悪性疾患が入院治療の対象となります。
特に全国有数の造血幹細胞移植施設として、骨髄移植/末梢血幹細胞移植/臍帯血移植を積極的に行っています。

臨床研究について

北大病院血液内科は先進的な医療の開発、実践を使命としており、種々の基礎的研究および臨床的研究を行っております。外来および入院におきまして、主治医よりご協力をお願いする場合には是非、ご検討をお願い申し上げます。

診療時間

新来日
月曜日~金曜日
午前9時~午前12時
再来日
月曜日~金曜日
午前9時~午前12時
  • 関連病院紹介
  • 関連サイト