千丈先生の論文がScientific reports誌に掲載されました。

本研究によって、高齢の急性骨髄性白血病患者(AML)において、新たな栄養指標であるsimplified CONUT scoreが予後指標として有用であることが示されました。同時に、白血病細胞の遺伝子変異に基づく予後予測が、高齢のAML患者においても有用であることが示されました。本研究が発展することで、特に高齢の白血病患者の生命予後の改善に繋がることが期待されます。