北大グループは欧米の複数の施設との共同研究として、同種造血幹細胞移植患症例の腸内細菌叢の多様性と移植成績の関連性について検討してきました。その結果、人種や地域の違いを越えて、移植後の腸内細菌叢の多様性が保たれている症例は、多様性が失われている症例と比較して良好な治療成績を示すことが明らかになりました。この研究は今後の移植医療の発展において重要な知見になるものと考えられます。

詳しくは以下のリンクより参照下さい。


詳しくはこちら