2019年12月6日〜12月10日までアメリカ(オーランド)で開催された、第61回 アメリカ血液学会にて、千丈先生がポスターおよび口演発表、日高先生と石尾先生がポスター発表され、千丈先生と石尾先生が ASH Abstract Achievement Awardを受賞されました。
フロリダの温暖な気候の中、学びの多い学会となりました。学会発表の模様を掲載します。

IMG_3943.jpeg千丈先生口演発表
タイトル:High Metabolic Heterogeneity on Baseline 18F-FDG PET/CT Predicts Worse Prognosis of Newly Diagnosed Diffuse Large B-Cell Lymphoma


IMG_3940.jpeg
千丈先生ポスター発表
タイトル:Modified CONUT Score Can Predict Prognosis in Elderly Patients with Newly Diagnosed Acute Myeloid Leukemia


IMG_0183.jpeg
日高先生ポスター発表
タイトル: Imetelstat sensitizes hematopoietic malignancy cells to a genotoxic agent via suppression of the telomerase-mediated DNA repair process


cache_Messagep40703.jpeg
石尾先生ポスター発表
タイトル: Genome-Wide CRISPR Library Screening Identifies CDK6 As Genetic Vulnerability in Adult T-Cell Leukemia/Lymphoma


IMG_3443.jpeg
学会参加者で夕食 at Red Lobster