ホーム > ご挨拶/医療関係者の皆様へ

ご挨拶

豊嶋 崇徳/北海道大学大学院 医学研究院 内科系部門 内科学分野 血液内科学教室 教授
写真:豊嶋 崇徳

北海道大学医学部血液内科は、従来のナンバー内科制から臓器別診療科への集約・再編に伴い、さまざまな変更を経ながら最終的に2012年1月今村雅寛前教授のもとに“新生”血液内科として新たなスタートを切りました。 2012年8月に私が第2代教授として今村前教授よりバトンを引き継ぎました。 北海道大学病院開設以来の長い脈々たる歴史を有する血液内科の伝統とフロンティア精神を引き継ぎ、より高いステージの血液内科へと展開します。

私たちの使命は、一人一人の患者さんの診療を大切にし、地域の医療を守りながら、同時に世界的な医療の発展に貢献するような高いレベルの臨床研究、基礎研究を推進していくことです。そのために、患者さんの味方として、心・人生を支える確固たる姿勢をもち、同時に疾患を科学的に徹底して分析する姿勢を持ち、尊敬され感動を与える医師を育てたいと考えています。

私がなぜ血液内科医を選んだのかお話します。医師は経験を血として成長していきます。 血液疾患では他の多くの疾患と異なり、診断・治療の大部分が血液内科医ひとりの双肩にかかってきます。責任重大ですが、患者さんとの強い信頼感、連帯感が生まれ、医師としての達成感、生きがいを強く感じることができます。 さらに最も高いレベルでの全身管理、トータルケア能力が要求され、臓器別診療の垣根を越えた総合内科医としての実力も身に付きます。 また分子標的療法、移植療法など。基礎研究の成果の臨床応用を目の当たりできるのも血液内科ならではです。

私たちはプロフェッショナルな集団として一丸となって血液疾患の患者さんたちを全力でサポートいたします。 また現在の医療レベルの限界を打破するために基礎研究・臨床研究にも力を入れていきます。 これらの目標を達成するため、明るく、自由度が高く、外に開かれ、一人一人のスタッフの夢を実現できるような“新生”血液内科を目指しています。 若き情熱にあふれた皆様の教室への参加を心よりお待ちしています。

北海道大学 血液内科 教授 豊嶋崇徳(てしまたかのり)